クラッチバッグの形

クラッチバッグとは、持ち手がついていない、脇で抱えて持つタイプのバッグのことをいいます。


クラッチバッグといってイメージするのは、パーティ用のバッグ。
パーティ用のドレス(カクテルドレスなど)を着て、クラッチバッグを持つ、そういう姿や形をイメージするとわかりやすいと思います。
クラッチバッグは、ちょっと横長のあまり大きくないバッグで、
薄いのが特徴です。
パーティなどでジャマにならない形、大きさということですね。


パーティ用のクラッチバッグといったら、フォーマルな場面で登場することが多いです。
なので、フルラ、シャネル、ケイトスペードなどのブランド品を探す方が多いんですね。
パーティ用のクラッチバッグは、ブランド品でもお手ごろな値段のバッグが多いので、ブランド品でも大きな出費にならない!
だからブランド品のパーティ用クラッチバッグが人気なんですね。


クラッチバッグには持ち手がついていませんが、肩からさげられるチェーンがついていたりするので、そのまま手で持ったり脇に抱えるのが苦手という方でも大丈夫。
パーティドレスにゴールドのチェーンはオシャレですよ。